美味しい地酒で蕎麦前を愉しむ

かの文豪は、こんな言葉を残したといいます。
「蕎麦前なくして蕎麦屋なし」

「蕎麦前」とは、蕎麦が茹で上がる前に酒の肴と日本酒をたしなむ、
江戸っ子の粋な習わしでした。

藤沢駅南口から徒歩5分の「そば酒房 陽ざ志」では、
その習わしを受け継ぎ粋な蕎麦前をお愉しみいただけます。

蕎麦屋のつまみは、
ふわっふわのだし巻き玉子、板わさ、そば焼き味噌などシンプル。
その他にもお酒に合う肴をご用意しています。

蕎麦を待つ間に何を食べたいですか。どんなお酒と合わせますか。

蕎麦に辿り着くまでに、ほろ酔いにならずにはいられない、
うまい逸品料理の数々…。

愉しい蕎麦屋酒のはじまりです。

日本酒を詳しく

蕎麦屋ならではの逸品料理

蕎麦屋ならではの逸品料理といえば、
だし巻き玉子、板わさ、そば焼き味噌などが定番。
そのほか、「そば衣のから揚げ」、「そばの実チャーハン」、
「トマトジュレ薬味のせ」など
オリジナルの品も用意しています。
酒を飲まずにはいられない、シンプルで旨い酒の肴たちをご紹介しましょう。

だし巻き玉子
600円(税込)
だしのたっぷりと効いたふわっふわの玉子焼き。蕎麦前はやさしい味から始めるのもいいかも
しれません。
玉子焼き
板わさ
500円(税込)
かまぼこは山口県宇部市のものを。
わさびにもこだわった自慢の味をお楽しみください。

わさび

みそ焼き

そば焼き味噌
600円(税込)
蕎麦前といえば!とも言える逸品。
日本酒でちびちびとほろ酔いに。

トマトジュレ薬味のせ

まるごとトマトにたっぷり薬味をのせた
さっぱりとした一品。
お酒がすすみます。

500円(税込)

そばの実

そばの実チャーハン
700 円(税込)
そばの実だけで作ったチャーハンは、ぷりぷりの新食感。そばの実香るオリジナルの一品をお試しください。

蕎麦屋の愉しみ方

江戸時代、蕎麦屋は職人達が酒を飲みに行く憩いの場でした。
はじめにシンプルな肴で酒を1本、「だし巻き」でさらに1本。
締めに蕎麦を食べさっと帰る。それが粋な愉しみ方だったようです。

decoration

ふらりと蕎麦屋に入る

今日は蕎麦屋へ。
たまにはしっぽりと一人飲み。

ふらりと蕎麦屋に入る

煮びたしと酒

気になる肴と日本酒を注文

蕎麦の前にちょっとつまみと酒でも。
どれも美味しそうだな・・・。

うまい!もう一品!

ここでふわっふわのだし巻き玉子を。
だしの効いた味がお酒と良く合います。

だし巻き玉子

そば

になってきたところで〆の蕎麦へ。

ほろ酔いでいい気分。そろそろ〆の蕎麦を。

余韻も粋な時間

あたたかみのある店内の心地よさ。
こんな贅沢もいい。

その他の逸品料理

※表示は全て税込価格になります

TOP