酒米クッキング

酒米リゾット いづみ橋 楽風舞

いづみ橋の酒米(楽風舞 らくふうまい)の蕎麦出汁リゾットを作ってみました。醤油とバターの香ばしさ、出汁の香りが良く美味しく出来ました😋

陽ざ志は酒米を使ったメニュー(鶏のたれ焼き丼、季節の炊き込みご飯、そば焼き味噌おにぎり)を出していますが新たにメニュー化出来るのかな🤔
お酒は『純米吟醸 いづみ橋 楽風舞』

なぜ酒米を使ったかは下記に。
是非、読んでみてください❗️

先日、とちぎやさんに行ってきました。
コロナ禍で日本酒の仕入れが少なくなり、緊急事態宣言で仕入れが止まっていたので久しぶりの訪問となってしまいました‪💦‬
今回は家飲み用の純米酒を買いに。
微力ながら酒屋さん、酒蔵さんに貢献出来ればとの想いと、お店でお出しする純米酒の勉強を兼ねて。
とちぎやさんでは息子さんが出迎えてくれました。(息子さんは、大学の同期生です。在学中はお互いに認識はありませんでしたが。)
そこでお話をしていると、お米の入った袋を持ってきて、
「いづみ橋の酒米が余っているから陽ざ志さん使ってみてください。」との事。
詳しく聞いてみると、昨期に精米したが使い切れなかった酒米を有効活用して欲しいとの事でした。
なるほど、コロナ禍、緊急事態宣言と、なかなか生産数の判断が難しいのか💦
私としては、「食」の学校というHPなどで食の情報発信サービスを提供していますので、自分が力になれることは何でもしたいし、新しい食材はワクワクするので、
「是非やらせてください。」って感じでつくってみたのです👍
とちぎやさんに行くと勉強になるのでお話をうかがうのが好きなんです😊
せっかくなので同じ酒米(楽風舞)と同じ精米歩合(55%)の、
『純米吟醸 いづみ橋 楽風舞』をいただいてマリアージュ。
もちろん相性抜群✌️
何より、同じお米を食べて飲む。そこにストーリーも。美味しいに決まってます‼️

とちぎやさんの純米酒への愛は本当に尊敬しますし、想いに触れる度に飲食店も頑張らないとと気持ちを新たにします。
泉橋酒造の純米酒造りへの向き合い方や材料を大切に思い、難しい時代でも前向きに進もうというかまえ。頭が下がります。
改めて、沢山の方々の想いをしょって、沢山の方々に支えられて飲食店は成り立っているんだと再確認しました🍀
皆さん本当にありがとうございます‼️‼️